学資ローン

学資ローンの基礎知識として、どのような機関が行っているのか、という点があります。これには、銀行などの民間の金融機関や国が行っているものがあります。国の行っているものは日本政策金融公庫や国民年金、厚生年金保険があります。

学資ローンの基礎知識に、資金の使用目的があります。これは、教育に関することにかかる費用に資金の使途を限ったローンです。学生本人が借りるというわけではなく、保護者が借入をして授業料や入学金などの教育にかかる費用を支払うという使い方をするのが一般的です。義務教育は無償で受けられますが、高等学校や大学で特に私立の学校ですと入学金や寄付金として一度に多額のお金を納めることがあります。学校や学部によりますが、数十万円から数千万円が必要になることもあるのです。

学資ローンの基礎知識として知っておきたいのは、このような入学金や授業料、寄付金だけではなく、学校の近くで一人暮らしをする場合の家賃や敷金、礼金も使用目的となっているローンがあることです。遠隔地の学校に行く予定の場合はこのようなローンを利用すると良いですね。

ローンを利用するためにはさまざまな書類が必要となります。それは金融機関によって異なりますが、一般的には保護者の本人確認書類や所得証明書類、家族関係を証明することができる書類です。また入学する予定の学校に関する書類や在籍証明などが必要となります。

このローンは無担保で保証人がいらないものがあるのですが、代わりに金融機関指定の保証会社の保証が必要になります。

お金のコラム

UGGブーツ