カードローン

多額の借金はその人の将来、人生、希望、全てを奪う恐ろしいものです。そうならないためにも、借金の一つの原因となるカードローンの基礎知識を知っておく必要があります。

カードローンの基礎知識として、まずカードローンがどのようなものなのか説明しましょう。カードローンとは、金融機関などで利用限度額を決めた金額の範囲以内であれば、ATMなどでカードを使用して、銀行や賃金業者などから自由にお金を借りられるものです。キャッシングと似ていますが、カードローンは比較的長期のものを指し、キャッシングは短期のものを指します。

申し込みが簡単ですぐにお金を借りられるという便利さから、カードローンを利用する人は多いでしょう。しかし、カードローンは借金であるということを忘れてはいけません。

カードローンを利用する場合は、無理のない返済プランを考える必要があります。返済プランを考えずにカードを使ってしまうと、自分の収入以上の金額を使ってしまい、借金が返せないという状況に陥ることがあります。また、カードローンを扱っている会社は沢山あり、中には悪徳業者もあります。じっくりと考えて信頼の出来る会社を選ぶようにしてください。

次に、カードローンの種類について説明します。カードローンは、大まかに銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンの3種類があります。

その中でも、銀行系カードローンは最も人気があります。利息が低く、信頼性の高さがメリットで、出来るだけ低金利で借りたい人にお勧めです。信販系カードローンの特徴は、クレジットカードを併用して使うことができ、ショッピングやキャッシング、様々な用途に対応しています。消費者金融系カードローンは、審査が早く契約した当日より借入が可能なことが特徴です。

以上のような、カードローンの基礎知識を理解し、正しい使い方をするように心がけましょう。

お金のコラム