1回あたり多くのお金を使う危険なお遊び

"一昔前は、パチンコ・パチスロ、ピンサロ、にもっともお金を使っていました。今思えば、アホです。そういうものに使わずに、貯金でもしてれば数百万円にはなるでしょう。

ローンや借り入れをするほどには、使っていません。しかしながら、給料の多くがこのような遊戯で消えていったため、ギャンブル依存症みたいなものです。

のめりこみすぎて仕事にも支障が出てしまい、30代で再就職するのが大変だったことを覚えています。

好きか嫌いかといえば、当然、好きなことをしていることにはなりますが、お金が多く消えるため結局は満足感はありません。

こういうのでせっかくの給料をドブに流すようなことはしないでもらいたいものです。

とはいえ、家の近くにパチンコ店があったり、暇な時間があったりすると、衝動的に行ってしまうこともあるでしょう。

また、ピンサロのような店は、男性は性欲があって当然なので、彼女がいないとか、独身のうちは行って性欲を満たすようなことがあるでしょう。

ただ、1回あたりのお遊びは、それぞれ1万円ぐらいは少なくとも必要なので、大きなお金がかかってくることには注意せねばなりません。"

お金のコラム