節度を守ったお金の貸し借り

"日常生活の中で、ちょっとした時にお金が足りなくて……。そんな時、友人からお金を借りて払う、なんていうのはよくあることです。
友人同士でのお金の貸し借りは、普段何気ないことでなら問題ありません。すぐに返せる金額・貸しても良い金額なら問題ないのです。
中には、とんでもないお金の使い方をし、困ってしまい、仕方なく友人にお金を借りる。そんな人がたまに居ます。
その金額も少々ならば良いのですが、こういった場合は大金であることがよくあります。借りた側がすぐに返せる金額ならばよいのですが、大金とくると、なかなかそうはいきません。それが一回目は良くても、二回目、三回目と繰り返すうちに、だんだんと信用を失っていきます。そうすると、お金を貸す側もどんどん借りる側を不信に思い、お金を貸さなくなります。最悪の場合、借りた側が音信普通になり、お金を借り逃げしたままになります。そうすると、貸す側からの信用も失い、人間関係を終わらせてしまう、なんてことになりかねません。
お金の貸し借りは人間関係を円滑にするための手段の一つでもありますが、良い人間関係のためにも、節度を守った貸し借りをしたいものです。"

お金のコラム